本読みのバラッド

主に、おもしろい、読みたい、興味あると思った本などについて書いていくブログです。

ガラケーからiPhone(LINEモバイル)への移行をお手伝いしたが、普通の人にはかなり厳しいと思った

先日、妹のお姑さんのiPhone移行をお手伝いしたのですが、タイトルにある通り、かなり厳しいものとなりました。

まぁ、ぶっちゃけ僕はある意味仕事みたいなものだからいいのですが、これを普通の人が一人でやるとなると、正直、難しいなと感じました。

長くなりますが、その顛末をここに記しておきます。

最初の壁、電話帳移行

前に書いたので繰り返しませんが、これがもしかしたら一番きついかもしれません。

要は、ガラケーの電話帳データをマイクロSDにコピーして、それをパソコンに取り込み、Gmailの連絡先に一旦インポートし、再度エクスポートしたものを、iCloudの連絡先にインポートする、という作業なのですが、なかなかにわかりにくいです。

どうしてこのような面倒臭いことをしなければいけないかというと、ガラケーとスマホでは規格が統一されていないので、ガラケーのデータのままでは、文字コードが違っていたり、フリガナが省かれてしまったりして、あいうえお順にデータが並ばなかったり、文字化けしたりしてしまったりするからです。

アップルストアでSIMフリーのiPhoneを買っておく

Apple docomo iPhone6s 32GB A1688 (MN122J/A) ローズゴールド

Apple docomo iPhone6s 32GB A1688 (MN122J/A) ローズゴールド

アップルストアでiPhone6sのローズゴールドの32GBを買いました。お姑さんがなかなか財布が固く、分割払いを希望したので無駄に入力項目が増えて大変だったです。アップルストアはいま24回までなら無金利で分割払いのキャンペーンをやっているので、利用する人は利用すればいいと思うのですが、とにかくカード会社に申し込む入力項目が多くてめんどい…。

あらかじめLINEモバイルのエントリーパッケージをAmazonで買っておく

LINEモバイルにしたのは、格安SIMでは珍しくLINE IDが利用できることと、コミュニケーションフリープランと言って、ツイッターやフェイスブックやインスタグラム、LINEといった主要なSNSが通信量にカウントされないプランがあるということが主だったのですが、このエントリーパッケージを買っておくと初期費用3000円?が無料になります。正確には、このエントリーパッケージが990円なので、約2000円が無料になります。

MNP予約番号、有効期限取得

LINEモバイルに申し込む前に、MNPの予約番号を取得しておきます。電話番号は誰しも引き継ぎたいと思うので。

ここで思ったのが、MNPを取得する方法は、ガラケーの端末から申し込み、携帯会社に電話で申し込み、店頭、とあると思うのですが、電話がいいかな、と思いました。

なぜかというと、店頭はないとしても、ガラケーの端末から申し込みだと、操作がいろいろ面倒で、しかも、そのあとメールで送られてくるはずのものが送られてこなかったり、いろいろ面倒臭いことがあったからです。

電話だとせいぜい引き止めくらいなので、さっさと電話して、MNP予約番号と有効期限をメモっておくのが一番早いかもです。

LINEモバイルに申し込み

mobile.line.me
ネットで申し込みをします。

その際、いろいろ選択を間違わないように気をつけないといけません。お姑さんの場合、まずエントリーコードを入れて、MNP予約番号を入れて、コミュニケーションフリープランで3GB、データ+SMS+音声通話でナノSIMでした。

ここはそれぞれで異なると思うので、間違わないようにしないといけないです。

LINEモバイルからSIMカードが届いたらすること

LINEモバイルに申し込んだらおそらく2〜3日でSIMカードが届きます。

そしたらMNP開通の手続きというのを行わないといけないです。
mobile-blog.line.me
他社の場合は、違うかもしれないですが、LINEモバイルの場合だと、これを行って初めてMNPが行われます。だから、前のガラケーは直前まで使えるはずです。

MNP開通の手続きを行うと、1〜2時間くらいで新しいSIMカードで電話が使えるようになります。

iPhoneにLINEモバイルのSIMカードを挿して諸々の初期設定。

例えば…

  • Wi-Fi設定
  • iCloudへのログイン(これで連絡帳が同期される)
  • いろいろなアプリのインストール(お姑さんの場合、LINEの「いつでも電話」というアプリをインストールしました。これによって申し込めば10分電話かけ放題(月額880円)が利用できますし、また、何もしなくても普通に電話かけるより料金が安くなります。30秒20円が30秒10円になる。)

忘れてならないAPN設定

送られてくるSIMカードの説明書に書いてあると思うのですが、LINEモバイルでデータ通信をするためにAPN設定というのをやってあげないといけません。

これは比較的簡単で、ちゃんとLINEモバイルの説明があります。ちなみにiPhoneの場合は下記。
mobile.line.me

データ通信ができるようになるのは、MNP開通手続きで、電話が使えるようになる更に1時間後くらいとあったと思うので、そういう意味でもMNP開通手続きは早めにやっておきたいですね。

おわりに

以上でした。

かなり長くなりました。僕はいいのですが、これを普通の人がやるとなるとかなり大変だと思います。格安SIM、MVNOがいまいち普及しない大きな理由ですね…。